2017年9月20日 (水)

柳原パトの仕事展

イラストレーター25周年 柳原パトの仕事展 YANAGIHARA PATO'S WORKS

2017.10.13(金)→ 10.20(金)11−19時(土・日は17時まで)
入場無料

ATAMATOTE 2-3-3 (東京都渋谷区西原2-3-3 TEL.03-5453-2911)


オープニングレセプションは 10.13(金) 17:00より


Pato_dm

2010年以来の第6回個展にて、初めての仕事展を開催させていただきます。
これまで、イメージを大切にしたパステル画と、とんちのきいたクレヨン画、2種類の絵を描いてきました。
まだまだ道半ばではありますが、過去を振り返ると良い時、悪い時、様々な経験があり、多様な機会をいただいて鍛えられたことを実感します。
三流ではありますが、この節目の展示にて1イラストレータの仕事を是非ご高覧ください。
※在廊時は公開制作している予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

第2回NOU ART CLUB展/第18回ことばラボ

Nou2ndtitle_2

2017.7.22(土)ー 8.4(金)11−19時(土・日は17時まで)
月曜休館/入場無料

ATAMATOTE 2-3-3(東京都渋谷区西原2-3-3 TEL.03-5453-2911)


第2回展  澁澤龍彦を描く

寺門孝之 (第6回日本グラフィック展大賞受賞)

かわいひろゆき (第1回URBANART PARCO賞受賞)

特別参加

榎本了壱(N/O/U、3展のプロデューサー)


 7.22(土)

15時より 第18回ことばラボ 出品者3名によるトーク(申込不要)

16時より オープニングパーティ


Nou2nd_image

1980年から1999年にかけてPARCOが主催していた、日本グラフィック展(N)、オブジェTOKYO展(O)、URBANART(U)。3展は、20年間で62774点のエントリー作品を集めた。ニューペインティングの世界的現象と、スーパーリアル、ヘタうまの流行現象の中でのヒートアップは、なによりも新人類世代の表現者たちが、社会への出口を希求していた時期であり、クリエイティヴのマグマがたまりにたまっていた。それは一挙に日本のアートムーブメントと、サブカルチャーの潮流のインキュベーション(孵化装置)となっていった。そしてこの時間に隆興するデザインと、減衰するアートがスクランブルして、新たな視角と造形の表現領域を構築していったのである。ここに改めて集結した表現者たちは、その魁の騎士団と呼んでいいだろう。この3展に関わった作家たちを、NOUのキーワードで結びつけるエキシビションを、今後も継続展開して行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

第17回ことばラボ

2017年度日本文化デザインフォーラム 活動プログラム
「JIDFラボ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

萩原朔美 リーディングシアター
清水邦夫作「イエスタデイ」

2017年3月12日(日)午後3:00より

この戯曲は、1996年に清水邦夫が学生の卒業公演のために書き下ろされた作品だ。後年、木冬社の公演でも上演された。出演は、舞踊評論家の國吉和子、歌人で演劇評論家の林あまり、映像作家の萩原朔美の3人が役者に挑戦し、あとは、劇団四季出身の大島宇三郎、文学座のつかもと景子、ラッパ屋に客演が続いている谷川清美などのベテラン勢がしっかり支える構成だ。演出とト書きを読むのが多摩美大准教授・庄山晃。今回のことばラボは、文字列表現の戯曲を、声にょって立体化する試みを鑑賞します!

17th_flyer

2016年11月12日多摩美術大学で開催されたときのチラシ

場所 ATAMATOTE 2-3-3(渋谷区西原2−3−3)
電話/お問い合わせ 03−5453−2911
千代田線、小田急線 代々木上原駅下車8分
京王新線 幡ヶ谷駅下車7分


Map_icon_2

入場は無料です。

ラボマスター=榎本了壱
ラボディレクター=蜷川有紀 佐伯順子 芳賀直子 松平定知
定員35名(先着順)

参加ご希望の方は
atamatote2-3-3@atamatote.co.jpもしくはFAX 03-5453-2929 まで、参加者代表者名、人数、ご連絡先を記載の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

第16回ことばラボ

2016年度日本文化デザインフォーラム 活動プログラム
「JIDFラボ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「桑原ゆう 現代音楽のことば」

2016年11月25日(金)午後7:00より

今年の1月、青山のスパイラル開館三十周年をかざり、「千年の聲」ファイナルコンサート『螺旋曼荼羅海会(らせんまんだらかいえ)』が開催されました。「声明」という仏教の古いお経であり音楽であるものに、現代音楽の気鋭の作曲家・桑原ゆうさんが向き合い、ネイティヴアメリカン・ナバホ族の創世神話の儀礼歌をテクストに作曲しました。そしてスパイラルガーデンの螺旋空間に、天台宗・真言宗のお坊さんたちの壮麗なパフォーマンスが実現しました。公演時の音楽を聞き映像を見ながら、桑原ゆうさんにその緻密な作曲のプロセスを語っていただきます。「声明」と「現代」が出会う、稀な時空を体験してください。(コーディネーター石井達朗)

桑原ゆう(くわばらゆう)
2007年東京藝術大学音楽学部作曲科を卒業し、アカンサス音楽賞受賞。2009年同大学大学院音楽研究科(修士課程)修了。現在、現代音楽のフィールドを中心にフリーで作曲活動を行い、日本とヨーロッパを中心に作品が発表されている。第74、75、78回日本音楽コンクール作曲部門入選、2015年ミラノ国際博覧会におけるFeeding Music International Composition Competition入選など。テナーリコーダーとアコーディオンのための《Doll-Blind》、フルートとアコーディオンのための《Doll-Blind b》がドイツのEditionWunnより出版されている。2009年度トーキョーワンダーサイト国内クリエーター制作交流プログラムに選抜され、トーキョーワンダーサイト青山クリエーター・イン・レジデンスに滞在して活動。同世代の演奏家とともに「淡座」を立ち上げ、2011年11月、古今亭志ん輔氏をゲストに淡座旗揚げ公演『噺×現代音楽』を行なう。その後も志ん輔氏との公演を重ねている。 その他、鈴木道子氏のファッションブランド「Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.」「YMOYNOT」のランウェイショーの音楽制作、ダンサー、コレオグラファー菅原小春氏のPV、ウェブサイトの音楽を製作するなど、様々な分野と交流しながら創作活動を行っている。池田雅延、茂木健一郎の両氏による、小林秀雄を学ぶ『池田塾』一期生。

場所 ATAMATOTE 2-3-3(渋谷区西原2−3−3)
電話/お問い合わせ 03−5453−2911
千代田線、小田急線 代々木上原駅下車8分
京王新線 幡ヶ谷駅下車7分


Map_icon_2

入場は無料です。

ラボマスター=榎本了壱
ラボディレクター=蜷川有紀 佐伯順子 芳賀直子 松平定知
定員35名(先着順)

参加ご希望の方は
atamatote2-3-3@atamatote.co.jpもしくはFAX 03-5453-2929 まで、参加者代表者名、人数、ご連絡先を記載の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

第15回ことばラボ

2016年度日本文化デザインフォーラム 活動プログラム
「JIDFラボ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「松平定知 読む言葉、伝える言葉」

2016年7月22日(金)午後7:00より

文字のない時にも、詩歌はあり、物語はあった。それを記憶し、声に出して伝えていた。やがて文字ができても、音読する時代は長く続いた。五七調の文体は声に出す文章に重要だった。日本を代表するアナウンサー、キャスターの松平さんが、ニュースを読む、ドラマのナレーションを読む、小説を読むといった時、どんなルールを作って読んでいるのだろうか。そんなシンプルな疑問に答えていただき、リーディング『高瀬舟』の極致に迫ります。

15thmatsudairasadatomo

松平定知(まつだいらさだとも)
元NHKアナウンサー、京都造形芸術大学教授。1969年早稲田大学卒、NHK入局。理事待遇アナウンサー。2007年、退職。その間「連想ゲーム」を4年、「ニュース」を15年、「その時歴史が動いた」を9年「藤沢周平朗読」(ラジオ)を9年ほか、「世紀を越えて」、「新シルクロード」、「マネー資本主義」、「日本人はなぜ戦争へと向かったか」などNHKスペシャルを100本以上。著書多数。

場所 ATAMATOTE 2-3-3(渋谷区西原2−3−3)
電話/お問い合わせ 03−5453−2911
千代田線、小田急線 代々木上原駅下車8分
京王新線 幡ヶ谷駅下車7分


Map_icon_2

入場は無料です。

ラボマスター=榎本了壱
ラボディレクター=蜷川有紀 佐伯順子 芳賀直子 松平定知
定員35名(先着順)

参加ご希望の方は
atamatote2-3-3@atamatote.co.jpもしくはFAX 03-5453-2929 まで、参加者代表者名、人数、ご連絡先を記載の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

第14回ことばラボ

2016年度日本文化デザインフォーラム 活動プログラム
「JIDFラボ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やなぎみわ 車両公演「日輪の翼」を語る

2016年5月2日(月)午後7:00より

やなぎさんは5年ほど前から演劇に手を染めています。「日輪の翼」の 車両公演は、やなぎさんが近年ずっと思い抱き、実現に向けて努力を重ねてきた一大プロジェクトです。老婆たちがトレーラーで流浪の旅に出るという中上健次の原作は、やなぎさんの「マイ・グランドマザーズ」などの老いをテーマにした作品群に通じます。(コーディネーター石井達朗)

Photo_miwayanagi 14thkotobalab_b

やなぎみわ
神戸生まれ。1990年代後半より写真作品を発表。国内外での個展多数。2011年から本格的に演劇活動を始め、美術館や劇場で上演を重ねる。2013年に『ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ』を作演出し、終戦70年の2015年に北米5都市を巡回した。台湾で出会ったステージトレーラーに魅せられ、特注車を初輸入し横浜トリエンナーレ2014へ出展。今夏より野外公演ツアーがスタートする。

場所 ATAMATOTE 2-3-3(渋谷区西原2−3−3)
電話/お問い合わせ 03−5453−2911
千代田線、小田急線 代々木上原駅下車8分
京王新線 幡ヶ谷駅下車7分


Map_icon_2

入場は無料です。

ラボマスター=榎本了壱
ラボディレクター=蜷川有紀 佐伯順子 芳賀直子 松平定知
定員35名(先着順)

参加ご希望の方は
atamatote2-3-3@atamatote.co.jpもしくはFAX 03-5453-2929 まで、参加者代表者名、人数、ご連絡先を記載の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

生誕60周年記念 広瀬恵一作品展

初めてのスケッチ、日本画、水墨画など数点展示させていただきます



2016.4.11(月)ー 4.16(土)
ATAMATOTE 2-3-3(東京都渋谷区西原2-3-3 TEL.03-5453-2911)



-TIME SCHEDULE(在廊予定)-

11(月)17:00〜19:00 opening

12(火)11:0018:00(※14:50〜16:10作家不在)

13(水)11:0019:00(※13:00〜18:00作家不在)

14(木)11:0018:00

15(金)11:0018:00(延長の場合あり)

16(土)11:0015:00 final day


オープニングパーティーは 4.11(月) 17:00より

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

お越しいただける方、ご連絡ください。
080-3486-3913
osaru_bee_pee@ezweb.ne.jp


到着駅と予定時刻がわかりましたら、途中までお迎えに参上いたします。
ご来場いただいた際は、コーヒーまたはワインなど、飲み物をサービスさせていただきます。
(持ち込みいただいても構いません)


2016年4月 広瀬恵一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

第13回ことばラボ

2015年度日本文化デザインフォーラム 活動プログラム
「JIDFラボ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テーマ 「神田陽子 寺山修司幻の講談」

2016年3月11日(金)午後7:00より

60年代後半に寺山修司によって書かれた幻の講談
「新宿お七ーー安保心中」を、 名花・神田陽子さんが復元する‼

13th_kotoba_yokokanda

神田陽子(講談師)
文学座付属演劇研究所卒業と同時に、二代目神田山陽門下に入門、初の女弟子となり、女流講談を牽引する。新宿末広亭・浅草演芸ホール・池袋演芸場・国立演芸場など寄席を拠点に活動。「イッキ読み! 神田陽子の講談日本史」(廣済堂出版)。崇城大学の客員教授としても活動。又、女性一代記ものをライフワークとしている。早稲田大学人間科学部在学中。

場所 ATAMATOTE 2-3-3(渋谷区西原2−3−3)
電話/お問い合わせ 03−5453−2911
千代田線、小田急線 代々木上原駅下車8分
京王新線 幡ヶ谷駅下車7分


Map_icon_2

入場は無料です。

ラボマスター=榎本了壱
ラボディレクター=蜷川有紀 佐伯順子 芳賀直子 松平定知
定員35名(先着順)

参加ご希望の方は
atamatote2-3-3@atamatote.co.jpもしくはFAX 03-5453-2929 まで、参加者代表者名、人数、ご連絡先を記載の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

第12回ことばラボ

2015年度日本文化デザインフォーラム 活動プログラム
「JIDFラボ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テーマ 「しりあがり寿 マンガのことば」

2015年12月11日(金)午後7:00より

「マンガ」といってもあなどるなかれ。平安末期の「鳥獣戯画」は国宝である。ここから始まる日本の漫画の系譜は、江戸後期の「北斎漫画」に引き継がれ、イギリスからポンチ絵(風刺漫画)が入ると、社会批評の先鋒になる新聞漫画の登場だ。現在、朝日新聞夕刊に連載中の「地球防衛家の人々」の筆者しりあがり寿さんの登場です。もちろん、21世紀の漫画について、大いに語っていただきます。

12thkotoba_shiriagari_nb

しりあがり寿(漫画家)
1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。

場所 ATAMATOTE 2-3-3(渋谷区西原2−3−3)
電話/お問い合わせ 03−5453−2911
千代田線、小田急線 代々木上原駅下車8分
京王新線 幡ヶ谷駅下車7分


Map_icon_2

入場は無料です。

ラボマスター=榎本了壱
ラボディレクター=蜷川有紀 佐伯順子 芳賀直子 松平定知
入場無料・定員30名

参加ご希望の方は
atamatote2-3-3@atamatote.co.jpもしくはFAX 03-5453-2929 まで、参加者代表者名、人数、ご連絡先を記載の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

NOU ART CLUB 第1回展 (新作展)

Nou1sttitle

2015.4.4(土)ー 4.10(金)11−19時
ATAMATOTE 2-3-3(東京都渋谷区西原2-3-3 TEL.03-5453-2911)



記念トーク=浅葉克己+榎本了壱 4.4(土) 16時17時

オープニングパーティーは 4.4(土) 17時



1980年から1999年にかけてPARCOが主催していた、日本グラフィック展(N)、オブジェTOKYO展(O)、URBANART(U)。3展は、20年間で62774点のエントリー作品を集めた。ニューペインティングの世界的現象と、スーパーリアル、ヘタうまの流行現象の中でのヒートアップは、なによりも新人類世代の表現者たちが、社会への出口を希求していた時期であり、クリエイティヴのマグマがたまりにたまっていた。それは一挙に日本のアートムーブメントと、サブカルチャーの潮流のインキュベーション(孵化装置)となっていった。そしてこの時間に隆興するデザインと、減衰するアートがスクランブルして、新たな視角と造形の表現領域を構築していったのである。ここに改めて集結した表現者たちは、その魁の騎士団と呼んでいいだろう。この3展に関わった作家たちを、NOUのキーワードで結びつけるエキシビションを、今後も継続展開して行きます。

Nou1st_image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第10回ことばラボ